ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

ご無沙汰しておりますが。

何かと大役を押し付けられ、涙目で幕開けした2015年でしたが、

花粉の飛散も収まり、冬のアイテムやいらないモノがやたら目につき、

一気に捨てたくなる季節となりました。

 

IMG_0369.jpg

食器棚の皿やら何やらを捨てまくる。

 

家も身も心も身軽にしたいところですが、まったく…

 

整理収納にかまけていられない生活がひたすら続いております。。。

 

以前受講した時間整理講座で

自分のキャパシティ以上の物は引き受けちゃダメ!断る勇気も必要

と言われましたが、

今の私は完全にキャパ超え状態です。

 

しかし、これを頑に断ったら完全に角が立つ構図なので、

悲観的にならずに頑張ろうとはしているものの、

やはり無理が生じているような状態です。

 

お断りする正当な理由があっても、クジという決定権があるため、逆らえません。

 

クジで決まろうが何しようが、なぜそこまで?というくらい

固辞する人もたまにいます。

もれなくメンドクサイ人決定ですけど。

結局泣こうがわめこうが引き受ける形になるので、抵抗するだけムダですね。

 

仕事を理由に断る人もいます。

私の住む地域はそんな甘えた理由は許されません。

 

その方がお金を稼いで生産的な活動をしている間、

どこかの誰かが、地域やコミュニティのために、

ボランティアで自分の時間を捧げている訳です。

 

時間の調整がきくような私の仕事は、

どんどん時間が削られ、浸食されていきます。

 

此処だけの話、自分さえよければいいというエゴは、

整理収納の考え方にたまに見え隠れする問題だと私は思っています。

整理収納カテで大きな声ではいえませんが。

 

そういった役員仕事を全くやらない人には到底わからない苦労や人の支えというものあっての今の生活があることを自覚していたら、くじで当たったところで断固拒否なんてできません。

 

お人好しなんですかね〜。

 

なんだか愚痴っぽくなりました。

 

息子が6年生で、母親に役が集中するのはやむを得ないので、

自分の時間は寝るだけという非生産的な生活を今年いっぱい頑張ります。

 

生きてりゃ、そんな年もあるさ。

 

ブログもボチボチ更新で頑張ります。

 

こないだ誰かに目が死んでると言われましたが、知ったこっちゃありません。

頑張ります笑

 

ハッハー!