ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

最近刺さった言葉。

この間、島崎和歌子さんのことを

「世の男性に全く刺さらない美人」と紹介するナレーションに

思わずうなってしまいました。

南海キャンディーズの山ちゃんのこういった才能に嫉妬すら覚えます。

 

つか、「整理収納アドバイザー」って

ことあるごとに言っておかないと忘れてしまうくらい、

本業以外のボランティアな政にかかわっているもんですから、

思い出してとってつけたように整理収納論をぶちまけることもありますが、

その辺はご勘弁を。

 

と言ってるそばから全く違う話題で申し訳ないのですが、

日々過ごしていると、心に刺さる言葉ってありますよね。

 

ソレは心地いい賛辞の言葉でもなく、不快な言葉とも少し違って、

ハッと気づかされたり、ちくちく痛んだり、心かき乱されたり・・・

ざわ…ざわ…ざわ…ざわわ〜ざわわ〜

とにかく己に引っかかる言葉です。

 

「歌う備長炭」も、

「世の男性に全く刺さらない美人」も

私の心をざわつかせたキーワード。

 

世の中にはいろんな言葉が飛び交っていますが、

思わず深く掘り下げたくなる言葉、裏を読みたくなる言葉が

ふと心の中に飛び込んでくることがあります。

 

そして今日また私のちっぽけなガラスのハートに刺さった言葉、

それは「表現者」。

 

自分は歌も歌うし、人前で話すし、長文ブログも書くし、

いずれは本を出したり、あわよくば歌手?を夢見ているフシもあります。

 

しかし、「表現者」という言葉を聞いて、ハッと思ったのは、

「今、自分に最も足りない要素」がまさに表現者たる自覚であること。

 

ただ歌ってしゃべって書いて垂れ流すだけの自己満足こそが、

自分の方向性を見失っている原因なのではないかと。

 

そうだそうだそうなんだ〜!(単純)

 

世の中の大多数に刺さらなくても、

何かしら心にひっかかって後からジワジワくるような、

それでいて場の空気を変える、歌う備長炭になりたい!(?)

 

迷走はまだまだ続くよどこまでも。

 

IMG_23611.jpg

 

これを見る限り、やってることは間違っていないと思うよ、きっと。