ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

1周回ってオシャレ。

小学生の息子が、修学旅行先の日光から帰ってきたのですが、

家族と自分のお土産に買ってきたのがコチラです。

 

IMG_3754.jpg

まあ、ゆーてもピストルと刀のレプリカは男のロマンなのでしょう。

 

息子は修学旅行といえばお決まりの木刀を買おうとして、

さすがに先生に止められました。

 

昭和かよ!

 

勾玉も天然石も観光地に行く度に増えていくし。

 

金に目がない守銭奴の息子は、お小遣いの限度額をギリギリいっぱい使い

毎回龍だの亀だの蛇だの、鉄板の金運アップグッズをゲットしてきますが、

今回の天然石は仕事運と勉強運だそう。。。心境の変化か?

 

しかしまあ、開けてビックリこの目を疑ったのは、華厳の滝の置物ですよ。

 

お土産界においてはペナントに次いで

絶滅危惧種に指定?されている「努力と根性」シリーズが、

日光の地にひっそり息づいていたなんて。

 

息子の土産チョイスは意味不明ですが、ネタとしては正解です。

 

一周回ってオシャレ。

 

こうなったらペナントも木彫りのクマも欲しくなってきたゾ!

 

 

この置物、ウチに飾っても悪目立ちして、ものすごくいらないんですが、

面白いか面白くないかといえば面白いので、

しばらくどこかに放置しておこうと思っています。

 

お土産といえば、いらないのに捨てられないものの代名詞ですよね。

整理収納業界ではたいてい悪役扱いです。

 

でも、それが話のネタのひとつになるのなら、

さんざんイジリ倒して元を取りましょう。

 

服なんかもそうですけど、流行のリバイバルがあるように、

昔はダサいと思っていたモノが、

一周回ってオシャレに感じなくもないということもままあります。

 

そんなとき、後悔の念がよぎります。

 

あのとき捨てなきゃ良かった!

 

80年代によく聞いていた崎谷健次郎の「もう一度夜を止めて」

という歌が最近のお気に入りで、カラオケでも歌っているのですが、

たしかに昔あったCDを家中探しましたが、

やはりブック◯フに売ってしまったようです。

 

まあ、YouTubeで聞けるからいいんですけど。

 

努力と根性のお土産から、捨てることのむずかしさを痛切に感じた一コマでした。