ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

暮らし上手になるには。

今年も終わった〜!ふぅ〜=3

 

今日は仕事納めでした。

 

12月は大掃除の依頼が多く、

連日キッチンを磨いていたり、

窓を何十枚も拭いたり、

カビだらけのサッシをカビキラーで拭いたりしてました。

 

10袋以上のゴミの山を目の前にして、

 

見ろ、ゴミがゴミのようだ。ハッハッハー!

 

最高のショーとは思わんかね。

と密かに自己満足に浸る日々。

 

この仕事の醍醐味は、肉体的にはかなり疲れますが、

精神的にはかなりスッキリすることかな。

もちろんお客様の喜ぶ顔も、明日へのモチベーションにつながります。

 

世の中には、お掃除や片付けを当たり前にできる人と、

そうでない人がいます。

 

後者の方でも、できないことは潔くプロに頼んで、

任せてしまうことも賢い選択なんだとつくづく感じます。

 

そして、自分が出来ないことができる人を、

素直に尊敬でき、感謝できる人は

より賢い人なんだなと思います。

 

幸い私の担当するお客様は皆様とても良い方で、

年下の私に様々なアドバイスを聞いてきたり、

気さくに話しかけてくれたり、まったく上から目線という態度は見られません。

 

暮らし上手という言葉がありますが、

 

家事が得意で、なんでも自分でできることだけが暮らし上手というわけでないよなぁ

 

と思うことがあります。

 

苦手なことや出来ないことを得意な人に任せて、自分のストレスを軽減できる人も

暮らし上手と言えるでしょう。

winwinの関係が作ることができればなお良いと思います。

 

私のお客様にかなりご高齢のお一人暮らしのご婦人がいるのですが、

ご友人も多く、とても話し好きの朗らかな人。いつもお元気そう。

 

ついついいろいろと手伝ってあげたくなってしまうのですが、

自分が出来ることは自分でやるので、

重いものを持つとか、手が届かないところや、危険な箇所だけ掃除してほしいと

要求がはっきりしています。

 

自分が弱者だからと何でも人に頼るのではなく、

できることは自分でやらせてと笑う奥様は、とってもチャーミンングで、

ますます私もがんばって掃除しちゃうんですけど、いつも

 

「もう掃除はいいからお茶を飲もうよ〜話聞いてくれるだけでいいから〜」

 

と私を誘って下さいます(〃 ̄▽ ̄〃)

 

「余裕があって素敵な歳の取り方だなぁ。私も見習わなくては。」

といつも思います。

 

最近、老後の趣味に困らないように、

主人と子供たちと、主人の両親を巻き込んで麻雀を始めました。

 

まーじゃん

3人でテキトー麻雀。

 

麻雀はビジュアルが美しくて好きです。

きれいな手ができると嬉しいですよね。

 

ただ、パソコンゲームでしかやったことがないので、

あがり方はわかるのですが、進め方と点数計算を実際にやったことがないので

ただいま勉強中です。