ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

家庭教師さんいらっしゃい。

さてさて、この春新しく始めたことがあります。

 

それは、今年中学に入学する息子の学業の行く末を心配した上での、

苦渋の決断でありました。

 

何を血迷ったか、

か、か、かかかか家庭教師、頼んじまった!

 

どこのお坊ちゃんかよ!

 

Q. 世の中には大手進学塾、学習塾、個別指導塾、

ハイジやクララ、サボロー、YDKなど

選び放題あまたある中で、なじぇ家庭教師なのか⁉︎

 

A. 息子の学力が未知数だからです。

 

とにかく今まで塾に行かずに遊び放題だった息子の小学校の成績は

言わずと知れたお粗末なもの。

 

小学生まで・・・小学生までは、自分の好きなことを・・・

とお母さんはじっと耐え忍んできたのだよ。

 

逆に言えば変な手垢がついていないので、伸びしろは無限大∞!

 

と心に言い聞かせ、我が家なりに色々と考え、

今後の学業方針を息子を交えて話し合ってきました。

 

性格的に大人数の塾では埋もれがちだし、グループ塾だと遠慮するタイプなので、個別か家庭教師で決めかねていました。

 

とにかく憧れの頭の良いお兄さん的存在(お姉ちゃんではいろんな意味で叶わなかった)が欲しかったのと、勉強方法を教えてもらい、いずれ自立学習できるように基礎作りをしたいと思ったからです。

 

まず手始めに、あまり先生っぽく構えていない方が息子にとってはいいのかなということで、

家庭教師をお願いすることに。

 

今、この春大学生の男の子が来てくれているのですが、早速ある効果が出始めました。

 

それは、家庭教師だからこその効果です。

 

なんと、

長女が机の上を自主的に片付けるようになったではありませんか!

 

IMG_3642 copy

ビフォー。あー残念。

 

IMG_1255 copy

アフター。これはかなりミラクル。

 

我が家はリビング学習ですが、ダイニングテーブルとは別に大きな作業机があり,いつも山積みの長女の私物に占有されていたのですが、やはり同年代の異性の目を気にしてか、週1ペースで前日から片付ける癖がつきました。

 

 

思わぬ副産物にほくそ笑む私。

 

そんな私もやはり、常時人が来る体制を意識しなくてはならないので、多少マメに片付けるようになりました。

以前はまとめて片付け派だったんですけどね。

 

適度に人を呼ぶということは片付けのモチベーションも上がり、オススメできますが、夜な夜なパーティーを開いたり、人を大勢呼べば余計な片付けも増えることになりますので、お気をつけください。