ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

勉強も片づけも〇〇が大事。

うちには勉強が必要な学生がおりますので、こういった記事もついつい見てしまいます。

 

すぐに実践可能 脳科学で認められた最強の勉強法

ふんふん。

わかる気がするなぁ。

記事の2と3の部分は我が家の環境としては既に実行しているものでした。

 

問題は、1の問題を解くと「覚えたい」意識が高まり、結果成績が上がりやすい

と言う部分ですよ。

 

我が家の子供達にも、テスト前に

「問題集解けよ〜!」

と直接的にも間接的にも毎回毎回言ってるんですけど、

授業前にやる暗記系の小テストに追われる娘は

カラーペンが大好きなので、

いつまでもちまちまとインプット系のノートを書いて覚えているし。

それじゃあ応用力がつかないんだよなぁ。

 

初めての中学の中間テストに挑んだ長男は、

まだ勉強のやり方が分かっていないようで、

可もなく不可もないビミョーで中途半端な点数を取ってきました苦笑

 

私がおぼこい学生の頃は、問題を解いていると、

アイツ(先生)は多分いやらしい問題出してくるだろうなぁとか、

前も教科書に載ってないとこ出してきやがったから、こういうのも出るかも!と

問題の傾向を想定するんです。

同じ問題が出たり、ヤマカンが当たると嬉しかったですね。

 

やった方ができることも頭ではわかってるようですが、

結局自分の思考の癖から抜け出せず、実行に移さない。。。

 

ん?

 

どこかで聞いたような。デジャヴかしら。

 

整理収納やお片づけでも

「頭ではわかってるんだけど、ねぇ〜〜〜?」

とおっしゃる方が多々いらっしゃいます。

 

まさに、インプットばかりしていて、

アウトプットをしていない状態なんです。

 

セミナーを聞いたものの、

雑誌やお片づけ本を読んでみたものの、

できない。

 

やはりお片づけも収納も問題を解いていかなければ、

上達しないのです。

 

お片づけの問題を解いて、

正解ならストレスのない暮らしができます。

 

たとえ不正解や失敗でも、

独自の方法が間違っていたんだと気づくこともできます。

気づいた時点で修正も可能です。

 

そうして実体験を増やしていくことで片づけも上達していきます。

 

整理収納の理論もそうです。

インプットばかりではモノも情報も増える一方です。

 

どこかで選んで捨てて整理していくという、

アウトプットが大事なんですね。

 

体だって、生きていくために食べますけれど、

消化して出さなければ便秘状態です。

 

勉強も片づけもアウトプットが大事。

 

肝に銘じて、紙に書いて壁に貼っとけ。

 

大事だと感じたら即実行。

 

整理収納アドバイザーは現場で問題を解き、セミナーでアウトプットしていくことで

どんな状況でも対応できるようになるのだと思います。

 

あーこうして書いてみると本当アウトプットって大事だぁ。

 

来年の書初めのお題は『アウトプット』に決定!