ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

枚岡合金工具3S研修レポ まとめ編。

怒濤の4部作!!!も大団円です。

 

www.uniqueliving.xyz

www.uniqueliving.xyz

www.uniqueliving.xyz

 

そういえば・・・

枚岡合金工具さんと私の共通点が一つ見つかりました。

 

それは、なるべくお金をかけずに手作りを心がけること。

 

工場内の床や壁をみんなで塗った話を、会長がニコニコ嬉しそうに話してくれました。

 

手をかけることで愛着がわくことを私も知っています。

我が家も自分でペンキを塗ったりタイルを貼ったり、その体験すら楽しんでしまおうというコンセプトで家を建てました。

 

大げさに思う方もいるかもしれませんが、這いつくばって、汗かいて、ペンキやワックスまみれになると、けっこう世界観が変わりますよ。

 

せめて四つん這いになってリビングの床を水拭きしてみるといいかもしれません。

 

 

さて、今更ですが、実は「3S」より「5S」の方が有名なので、3Sにピンとこない経営者の方もいるかもしれません。

 

5Sは3Sの整理・整頓・清掃に、清潔と躾が加わったものだそうです。

 

ググってみると、名だたる製造・サービス系の大企業が職場環境の改善の取り組みに5Sのスローガンを掲げています。

 

枚岡合金工具さんでは、清潔や躾は3Sを徹底して実践した結果得られる産物であると考え、シンプルに3Sにしぼって取り組んでいるそうです。

 

なるほどなぁ。

 

実践する方もシンプルな方がわかりやすいし、習慣化しやすいわけだ。

 

しかしながら、3Sは中途半端にやっていても効果は上がらないと思います。

 

お片づけの現場の経験上、曖昧な判断はわかりづらく、考える隙を与えてしまい、モチベーションの低下につながりやすいのです。

 

中途半端にやると、どうしても人間は楽な方を選んでしまうので、どうせやるなら妥協せず徹底的にやった方が、身につくと思います。

 

ポイントは、経営者、従業員が一丸となって徹底的にやることです。

(一丸となるまでには相当な時間もかかりますし、社内全員を巻き込んで実行していくのはかなり難易度が高いですが、その話はまた別の機会に)

 

みんなが3Sに愛着を持って共有することが大事なんですね。

 

しかし、ずっと管理された空間にいるのも息が詰まってしまいます。

もちろんマンネリも避けられません。

 

例えば筋肉も、自律神経も、脳の働きも、ONとOFFのバランスが大事だと私は考えます。

常に緊張状態でもいつか歪みが起きるし、ゆるゆるダラダラなぁなぁでは締まりが悪くなります。

 

職場においての緊張感や、意識を働かせることは、現場のミスが減少し、安全性、生産性を向上させますが、それだけではなかなか続かないのが人間です。

 

利益や生産性、利便性の追求なら機械にでもできますが、円滑な人間関係を築く上で忘れてはいけないのが「ゆとり」なのだと思います。

 

3Sを実践して削られたムダな時間や、ムダなスペース、ムダなお金を、福利厚生や快適な空間などの「ゆとり」に還元すること。

 

人が育つ土壌を作るには栄養も必要ということですな。

 

そんな土壌改良を施してきた枚岡合金工具の古芝会長の本がこちら。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

会社を強くする習慣 [ 古芝保治 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/8/27時点)


 

今回特別に従業員休憩所を案内していただきましたが、町工場の一角とは思えない清潔で快適そうな空間でした。

お昼寝部屋もあるとか。

また午後からの作業のモチベーションに繋がるってわけだ。

 

このスイッチの切り替えがうまくいくかいかないかが、3S活動の取り組みの鍵になるのではと感じました。

 

 

今回の研修は大変有意義なものとなりました。

また機会があったら是非行きたいと思います。

 

この感動を忘れたくなくて、メモ代わりにつらつらと長文を綴りましたが、レポートは以上です。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

工場見学ご希望の方はこちらから→枚岡合金工具5S活動と3S活動の手引き