ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

LIXILショールーム探訪。

フッ、今日もヘヴィな現場だったぜ・・・。

 

9月に入ってやたらと忙しくなり、正午を過ぎるとだんだん体が重力に逆らえなくなるお年頃なんですけど、特にアメリカ大統領選に出馬しているわけでもないので、わざとらしい健康アピールはせず、疲れている自分を全面的に推し進めていこうと思っています。

 

言い訳はこのくらいにしておいて、先日、住宅設備メーカーのLIXILショールーム東京に行ってきました。

 

6年ぶりですよ、ショールームに来たのは。

 

自宅建築当時は江東区や大宮のショールーム(当時はまだリクシルなのかトステムなのかINAXなのかよくわからないまま)で設備選びに奔走してました。

 

メカニック的なことは嫌いではないので、ショールームで当時最新機器だった設備などをあれこれ見るのは楽しかったんですが、何せ予算がねぇ、奥さん。

 

私の中で「与えられた条件の中でベストを尽くす」という格言が生まれたのもこの頃です。

 

あまり機能やデザインに偏ると、メンテナンスやお手入れに支障が出るし、お値段も膨れ上がってしまうので、最低限の機能しかないシンプルなトイレやユニットバスを選びました。

 

今のところ機能がシンプルでも何ひとつ困っていないので、チョイスは正解だったと思っていますが、ユニットバスはもっとシンプルなのが良かったなぁ。

でも選択肢になかったんですよね。

 

シンプルにオーダーするとかえって高くついたり本末転倒的な。

 

ほんと謎。一式セットにするといらないものばっかり。

 

結構ショールームの営業さんに食ってかかったり、マニアックな質問を投げかけるめんどくさい客だったのですが、当時私がワーワー言ってたことが、6年も経った今では当たり前の機能になってたり、ネットで血眼になって探しても見つからなくて結局自作したものが、今フツーに売られたりしているので(しかもお安く!)私は5年早いのかもしれないな!

 

そんな前衛的な私でしたが、月日が経てばそれなりに進化もするんですよ。

整理収納アドバイザーの勉強をしたり、いろんな現場を掃除することで、お掃除やお手入れ、整理収納目線が肥えました。(さらにめんどくささ倍増)

 

 

そんな状況で臨んだ久々のショールーム。

 

 

やはりワクワク感は変わりません。

 

 

さすがに最新機能や便利機能、今の人気や主流の設備などショールームも負けじと進化を遂げていました。

 

そうよ。金さえ積めば快適なのは当たり前。

 

 

でも予算に限りがあるのなら、ありとあらゆる視点からコスパの良いものをチョイスしたいですよね!

 

あああ〜なんだかテンション上がってきた〜!

制限がある中でやりたい放題やるのが好きな私。

 

しかしながら残念なことに当分の間リフォームや新築予定がないので、この行き場のない情熱をどこに向けたら良いのかわかりませんが、ただただ楽しい気楽なショールーム見学でした。

 

IMG_1915.jpg

座談会のメンバーと一緒に。全員整理収納アドバイザーです。

 

リックッシッルー♪