ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

虹 スペクトル発見。

 

f:id:lifestylerepair:20161110220115j:plain

我が家は季節ごとにいろんな現象を見ることができます。

小汚い床だったので周囲を暗く加工していますが、今頃の時期の正午ごろになると2階リビングの床にスペクトルが現れます。

南側にある変形のはめ殺し窓に目隠しフィルムを貼ったため、そのフィルムの屈折で投影されるようです。

キレイに色分けされていて、私には9色見える気がするのですが、見えないものを見ようとして老眼鏡を覗き込んでるからかもしれません。

光の分散 ■わかりやすい高校物理の部屋■

 

こうやって目に見える可視光線以外にも、紫外線やら赤外線やら宇宙線、ニュートリノのような宇宙からのメッセージなんかも降り注いでいるのだと思うと、ロマンだなぁ。

東京大学宇宙線研究所: 研究所紹介: 宇宙線について

 

私はついさっきまで「スペクトル」のことを「プリズム」と勘違いしていたので、虹を見るたび松田聖子の硝子のプリズムが脳内に流れてました。

プリズム(英語: prism[1])とは、光を分散・屈折・全反射・複屈折させるための、周囲の空間とは屈折率の異なるガラス・水晶などの透明な媒質でできた多面体。

 

Seiko Matsuda — Glass no Prism [硝子のプリズム]

 

硝子の〜プリズム〜きれいな三角形ね〜

すきとおおるくせいらしもっお〜屈折しそう〜

 

の部分を適当にごまかして歌っていたのですが、

正しくは

赤橙黄緑青藍紫もう屈折しそう

セキトウオウリョクセイアイシ)って歌ってたんですね。

ついさっきまで知りませんでした。これなら歌で覚えられますね。

また一つ頭が良くなってしまいました。