ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

ユニークな暮らしを実践する我が家は話のネタの宝庫である。

何か選択を迫られた時、私はあえて夫の逆張りをするように心がけています。

 

実は今年で満期になる保険があり、その受け取り額が米ドルの為替レートで左右されるものだったのですが、今、次期大統領のトランプ氏の動向が影響しそうなので受け取りの次期の決定の選択を迫られました。

そこで、私はあえて夫の勧めるものと逆のものを選択しました。

ここで普通の男性だったら、「生意気な嫁め、俺のメンツを潰しやがって」となるのでしょうけど、うちのモフモフ抱き枕くん(夫)は中に入ってる綿も大容量、器のデカい人間なので、「そう来たか〜。ハッハー」と笑うだけです。なかなか肝の据わった男です。

私がなぜ夫の逆張りをするかというと、これがまた夫の仕事の糧になると考えているからです。夫も金融のセミナー講師をしているので経済動向などいい加減なことは言えない立場なのですが、自分のこととなると余計な念が入るので、私が逆張りすることで、それが当たればそれはそれで私の機嫌がいいので家庭円満、外れれば「そら見た事か、俺の言うとおりにしていればな!」と威張れるので、夫にとってはメリットしかないのです。

 

そして一番大事なのは

これが話のネタになるということ。

人生色々あった方が、ネタに深みが出てきます。

 

「いつも嫁が言うことを聞かないんですよ〜、まったく困ったもんですね。」

と言えば、世間の同情を買い、特に男性の喰いつきが良くなる。

 

「嫁がこの前一山当てたんですよ〜(俺は予想が外れたけど)ぶっちゃけ私もその方が良いカナーと実は思っていたんですよね〜。」

と言えば、自分の手柄にできる。

 

「夫婦でもめたんですけど、やっぱりカミさんの言うこと聞いておくべきですよね!」

と言えば、世間の奥様方に媚びを売ることができる。

 

「私の言うことを聞かなかったばっかりに嫁が損したんですよ。私の言うことを聞いていればねぇ。」

と言えば、金融の話に箔がつく。

 

ほらね。いいことだらけじゃないですか。

これがもし、従順に夫の言うとおりにしてもドラマがないので、ネタとして話が浅くなってしまいます。

 

「うちの嫁、私の言うこと良く聞くんですよ。」

と言われても「ハァ?」としか言いようがないですよね。

 

この際、お金の損得とかどうでも良いんです。

 

損なら損でとことんイジって自虐ネタにすれば良い。

得したら得したでドヤれば良い。

失敗もネタだと腹を決めれば昇華できるのです。

いろんな経験やエピソードがあった方が話の引き出しが増えるし、隙を作ってあえてツッコミどころを作ることで、聴いてる人を飽きさせない話題になります。

 

そこまで計算している私は小賢しい良妻賢母なのです。従順だけが良い妻ではないのです。逆張りのその先の効果を見越しているのです。

 

ネタを渇望している人は普段とはあえて逆のことをしてみるのも良いのかもしれません。優柔不断な人も自分が思っていることの逆張りをしてみると意外と開眼するかもしれません。

 

以上、ユニークな暮らしのヒントでした。