ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

円周率の日と7角形の作図の話。

3月14日 今日は何の日フッフー♪

そうです。

円周率の日です。

 

そういえば今日は円周率の日だなぁと、朝から「3.14....」に思いを馳せていたら、旦那がドヤ顔で包装紙に丁寧に包まれたお菓子を突きつけてきたので、

「ああ、今日は俗に言うホワイトデーなのか・・」と気付いた程度の認識です。

残念ながらチョコを今年も貰えそうにないかわいそうな息子と、おそらく会社でなにかしらもらってくるからそんなにチョコいらないダロ!と思いつつも不公平感がないように一応旦那の分と、我が家の男子には母娘でチョコをあげました。やさしいね。

 

さて、円周率といえば、うちの息子はピザを7等分にカットする腕前の持ち主で、ケーキでも何でもなぜか7等分したがります。我が家は常時4人家族ゆえに血を見ることを避けるために7等分禁止令を出したほどです。

 

そんな「7」に魅せられた息子ですが、昔から折り紙が好きで、折り紙で7角形が折れることから、コンパスと定規のみでは作図が難しいとされている正7角形をどうしても書いてみたいと机に向かいました。

※正7角形はどうやら作図不可能らしいですが、ここで息子が書いたのは正に近い7角形だと思われます。

f:id:lifestylerepair:20170314112539j:plain

・・・これを見せられたところで何もいえねぇ。

説明されたところで文系のオイラにはさっぱりワカンねぇ。

お手上げです。

 

だれか数学、図形の得意な方、正しいのか間違っているのかアドバイスお願いします。

まだおぼこい中学1年生なのでおてやわらかにお願いします。

 

参考書籍

おりがみで楽しむ幾何図形 紙を折れば数学が見える! (サイエンス・アイ新書)

おりがみで楽しむ幾何図形 紙を折れば数学が見える! (サイエンス・アイ新書)

 

 ちなみにオチとしてはこの作図をしたのが2月14日ということで、息子が当日何を考えていたのかがよくわかる・・・というか、ヒマだったんだろうな。