ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

【カルテット】ちゃんとした結果が僕ですのセリフが心に刺さりまくる。【別府司】

どちらかというと一話完結サスペンスが好きで、滅多に連ドラを見ない私が家事代行のキーワードから「逃げるは恥だが役に立つ」にハマったまま、録画予約を怠惰に放置した結果、後続番組の「カルテット」が溜まってしまい、私にとってこのドラマは「耳をすませば」好きの娘が高橋一生にハマって時々見ていたくらいの位置付けでした。

ところがこの「カルテット」のお松とクドカンの夫婦の物語の描写をたまたまネットで見かけて興味を持ち、録画を漁り、夫婦のリアルとその緻密な感情の流れに引き込まれ、第7話から第6、第5・・・・・・第1話と遡って観たクチです。

f:id:lifestylerepair:20170316111057p:plain

www.tbs.co.jp

 

にわかと呼んでくれても構わない。

面白いものは面白い。

 

前置きはさておき、先日の第9話で頭をガーンと殴られたようなショーゲキが走ったセリフがありました。

ドーナツホールのメンバーたちが「まともな人間になるためにちゃんと仕事しなきゃ」とあれこれ画策するいう流れからの別府司のセリフです。

 

ちゃんとした結果が僕です。

「ちゃんと練習しようよ」「ちゃんと楽譜みようよ」

子供バイオリン教室の頃から僕、周りの子達に言ってたんです。

その頃ちゃんとしてなかった子たちは世界中で活躍しています。

ちゃんとしようよばっかり言っていた僕はいま…

 

あああ〜クラクラする。

心が痛い。

 

私はどちらかというと「別府司」側の人間でした。

合唱コンで「ちょっと〜ちゃんと歌いなさいよ〜男子〜」

って言うタイプだったな(笑)

 

お姉ちゃんなんだからしっかりしないといけない。親には苦労をかけたくない。人には甘えられない。。。

自由奔放に生きる歳の離れた妹を見て、羨ましく思っていた典型的な姉パターンです。少しでも妹が危なっかしいことをすると手を貸さずにはいられないし、妹はそれを当たり前だと思って享受する。そしていつも切り込み隊長として矢面に立たされ、援護射撃を受けることもなくただひたすら前に進み、損をするのはいつも私。

 

いろいろと責任ある立場を仰せつかることも多くて、生徒会長も押し付けられたけど、高校行ってなんだか肩の荷が下りて「人は人、私は私!」と思っていました。ところが1年生の宿泊訓練で部屋長になったはいいものの、夜は男子と騒ぎたいという女子の熱い要望に応えて、「ガチ寝部屋」と「夜更かし部屋」にメンバーを入れ替えて、睡眠大臣の私はとっとと「ガチ寝部屋」で就寝してたら、「夜更かし部屋」の奴らがやらかして先生に見つかり、夜中の3時に部屋長だった私が叩き起こされ、連帯責任ということでなぜか私だけが残され朝6時まで正座させられるという理不尽な仕打ちを受けたこともありましたっけ。騒いでた奴らは無罪放免ですよ。なんじゃそら。

 

中学のとき、どうしても納得いかないことがあって、私、先生に詰め寄りましたもん。

(たまたま偶然)同じことを書いたのにあの子は評価されて私はなんでダメなんですか?

「お前は実力を出さずに手を抜いているからだ。」

 

キビシ〜

 

期待値高すぎじゃね?

 

同じことをやっても評価されずに人と差をつけられると人間腐りますよね。

それにどう考えても普段遊んでいるあの子以上に地道に努力しているはずなのに、報われない。

 

世の中真面目で生きている人の評価が低い傾向にあるので、同じことをしても、いい加減な人たちの方が褒められ、真面目な人はやって当たり前じゃ〜んで一蹴される経験を何度もしてきました。

しかも真面目な人がサボるととたんに悪目立ちするので、ますます地道な努力を続けないといけないというスパイラルに。

 

奔放に生きてる方がなにかとお得やんけ!なぁ?

 

ちゃんとするってとても大事なことなんですけど、人から与えられた枠にハマる分、つまらなくもなる。

「知ってる。」

でも真面目に生きてしまう悲しい性。

 

やりたくないことをやらないで済むなら一番いいんですけど、やりたくないことでも(努力して)やっている人に押し付けて自分だけいいとこ取りしている人にはさすがにムカつくなぁ。

誰か一人に偏る負担感が大きくなれば人間関係もバランスが崩れてしまいます。

お互いにできることを提供し合い、補い合うことが共同体として長続きする秘訣なのでしょう。

 

「カルテット」の別荘ゴミ出し問題、真面目にちゃんと生きている一番まともなキャラなのにアリスちゃんに名前を忘れられるほど存在感の薄い別府君はちゃんとゴミを出せる人間です。でもそれを当たり前だと思っている残りの3人は互いに押し付け合いどうにかしてごまかそうとします。私だったらイラっとくるけど結局ゴミを片付けてしまいそう。

 

ああ!しかしこのままではふだん整理収納アドバイザーとしてゴミを出そう!片付けよう!と言っている私も報われない。。。。

 

ちゃんとした人間はダメな人間と比べて劣っているの?

振り幅が大きい人は才能ある分野の評価が高い分、ダメな部分が補完されてない?

 

なんかモヤモヤみぞみぞする。

 

結局当たり前のことをやっていても目立てないんですよね。

 

でも当たり前のことを当たり前にやるのもものすごいことなんだと私は思いますけどね。

 

 

 

そうはいっても私はそれほどちゃんとした人間ではないんだけれど、適度にサボっているにもかかわらずちゃんとした人間に見えてしまうのも業が深い問題なのです。