ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

人類がお掃除ロボットに勝つたった一つの方法。

f:id:lifestylerepair:20170401111021j:plain

春はお片づけシーズンでもあります。

ここのところ連日の作業で全身筋肉痛です。

とあるご家庭で、久々に吸引力の変わらないたった一つの掃除機を使ったら、あまりの吸いつきの良さに苦戦し腰を痛めました。

また別のお宅では、名もなきサイクロン掃除機が全くホコリを吸わないので作業がなかなかはかどりませんでした。

 

だからあれほどシンプルヘッドの安い掃除機がいいと・・・

 

三菱電機 Be-K(ビケイ) 紙パック式クリーナー ミルキーブルー TC-FXF5J-A

三菱電機 Be-K(ビケイ) 紙パック式クリーナー ミルキーブルー TC-FXF5J-A

 

 

実際、1万円以内で買えるシンプルで軽い掃除機がいちばん。

全館絨毯張りの豪邸でない限り、自走式回転ブラシヘッドなんかいらない。あれは重いし、市販のアタッチメントブラシに対する汎用性がなくてがっかりする。

 

仕事柄、いろんなご家庭でいろんな種類の掃除機を使うもんですから、掃除機に関してはうるさいです。

 

昨今はお掃除ロボットの台頭で床掃除が捗っている模様ですが、

ヤツら、実際平面にしか対応できないんすよ!2D!2D!

 

な、な、なんと、人間の私は3Dで掃除機がかけられます!

 

事実、掃除は3Dなんです。

お掃除ロボットよりも凄いね!と褒められるためには、立体的な掃除をすることなのです。

 

幅木に溜まったホコリや、棚のホコリ、部屋の天井の四隅にひっかかったホコリを、掃除機のアタッチメントブラシを駆使して、お掃除ロボットの奴らがどうあがいても取れない部分のホコリをスルスル吸い取っていきます。

 

びっくりするのは掃除機のヘッド生まれてこのかた一度も外したことがない人がいること。

付属品のすきまノズルやブラシを使わなければ3D掃除ができません。

この3D掃除を実践していると、おのずと使い勝手のいい掃除機の基準が明確になってきます。

 

 

大事なことを言います。

お掃除ロボットも使い勝手の悪い自走式回転ヘッドブラシも結局は床面2D専用掃除機でしかないんです。3Dに対応していないんです。

 

私が思うに、片付けが苦手な人は空間を2D(平面)で捉えていることが多いです。奥行きや高さに意識が足りていません。インテリアの雑誌や収納例のSNSなどの写真は2Dなので視覚情報として頭に入りやすいですけど、実際にやってみたらうまくいかない理由は、2Dの情報を、実際の空間である3Dにスムーズに変換できていないからでは?と思うのです。

 

3D(空間)を意識するためにも、お掃除ロボットで床だけ掃除して満足していないで、部屋の縦軸や段差にも注目してみましょう。結構ホコリ積もってますよ。

 

この3D掃除を実践していると・・・

 

物が多いと掃除がしにくいなぁという真理

にたどり着くことができます。

 

ぜひ3D掃除を実践してみてください。

重い掃除機、吸引力が有り余る掃除機、逆に全く吸引力がない掃除機をすでにお持ちの方、アタッチメントブラシを紛失した方は、使い捨てハンディブラシでも代用可です。