ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

ヤングコーンレジェンド。

私の大好物ヤングコーン。またの名をベビーコーンとも言います。

シャクシャクした歯触りが大好きで、バター醤油のソテーとか、たまらんです。

f:id:lifestylerepair:20170510204149j:plain

大きく育つ前に間引いたトウモロコシの実ですね。

まんまトウモロコシを味わえるのがうれしいの。

ヤングコーンとキクラゲとうずらの卵が入った炒め物なんてサイコーですわ。

もう優勝さしあげちゃう!

 

水煮のヤングコーンは見かけますが、生ヤングコーンは近所のスーパーではあまり数多く仕入れされていないところを見ると、

もしかしたら私しか買ってないのかもしれない。

 

 

たぶんだけど、生鮮担当者やレジの人に

「ヤングコーンの人」

と裏で名前を付けられているんだと思う(被害妄想)。

でも、私は負けない。

 

 

話は変わりますが、

よく「思ったことをうっかり口にして失敗する」ということがあります。

空気を読まずに発言するとそれは失言になります。

 

でも、私の場合、思ったことを口にすることよりも、

思ってもいないことを口走ってしまうことのほうが恐ろしいです。

 

先生のことを「お母さんっ!」と呼んだり、すみませんと謝るべき場面で「ありがとう」と言ってしまったり、暑い日なのに「…寒い・・・ハッ!(我にかえる)」とか、心ここに在らずの時の生返事とかよくあります。

また、目上の人とフツーに敬語で話していたのに、突然タメ口をきいてしまうこともあります。自分でも「エッ?!」ってなってしまいます。

 

緊張している時か、ボーっとしている時のどちらかに多いような気がします。

最近は特にひどいです。

 

実は中学のPTA本部役員を仰せつかることになりまして、結局変わらず多忙な日々を過ごしております。下の子の学年は何かとこういう役に担がれることが多いです。

 

去年は子供二人分の恩返しのつもりで末端ペーペー役員をやっておりまして、目立たぬようにはしゃがぬように粛々と任務をこなしていたんですが、ようやくお役御免と年度末のクラスの次期役員決めをサクサク仕切っていたら会長にロックオンされてしまい、召喚されてしまいました。

仕事も忙しかったので断ろうとも考えましたが、やっぱり引き受けた理由は息子が学校でうろちょろしている私を見るとめっちゃ嬉しそうに手を振ってくる(けして嫌がられてはいない)ことと、先生方や他の保護者との交流がはかれることですかね。

なんだかんだ言って(レジェンドキャラで子ども会イベントを仕切っていたこともあって)知り合いの子から「レジェンド〜!」と声をかけられるのもまんざらではないので、そういった中学生たちとのやり取りも楽しいです。

 

今後もユニークな暮らしのエッセンスとして、家庭に仕事に学校に多角的な視点で切り込んでいきたいと思います。