ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

掃除・片付けとエクササイズの深い関係。

最近、視力に老いをひしひしと感じております。

焼きが回ったなぁ。

こんがらがったほっそいチェーンのネックレスをいとも簡単に解くことができたあの頃が懐かしいです。

知らないうちに老化はそこまで迫っています。

dot.asahi.com

こちらの記事の内容は、もう整理収納・生前整理業界の王道中の王道のお話なので、いわずもがな詳しい内容は割愛いたしますが、ひとつ面白かったのが、厚生労働省が発表している身体活動のエクササイズ数表という日常生活の中の運動についての指標でした。

 

私も掃除・片付けの運動としての効果や位置付けには大変興味があります。

 実際、自分が掃除・片付けを仕事にしたことで自然と運動量が増え、結果的にダイエットなどの肉体的・精神的効果を感じているからです。

 

今回はこちらのデータから、私の独断と偏見で色分けしてみましたのでご覧ください。

参考:http://www.hokkaidohealth-net.or.jp/kenkou/sukoyakaroad/walkinghtml/met3.htm

 

ちなみに

身体活動の強さと量を表す単位として、身体活動の強さについては「メッツ」を用い、身体活動の量については「メッツ・時」を「エクササイズ」と呼ぶ

「メッツ」(強さの単位)
 身体活動の強さを、安静時の何倍に相当するかで表す単位で、座って安静にしている状態が1メッツ、普通歩行が3メッツに相当

「エクササイズ(Ex)」(=メッツ・時)(量の単位)
 身体活動の量を表す単位で、身体活動の強度(メッツ)に身体活動の実施時間(時)をかけたものです。より強い身体活動ほど短い時間で1エクササイズ

ということだそうです。

 

 

画像1

f:id:lifestylerepair:20171026133113j:plain

 

要するに画像1は、毎日の家事労働は「静かに座って安静にしているよりは動いているけど、軽い運動基準の3メッツよりも値が低いので、あまり胸を張ってわたし運動してるわよとは言えないかな〜」といっています。

確かに家の中で完結する家事はそれほどの動きはなく、最近はやりのコンパクトな狭小住宅や階段のないマンションなどの動線の良さも加わって、あたしやったわー運動したわー!という実感もなかなか得られないですね。

 

逆に言えば、心身ともに健康であればアスリートのような無敵の体力がなくてもこなせる仕事とも言えます。

こうみると最近医療・介護分野でも注目されているQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の指標にもなりそうですね。

 

画像1のような内容の家事労働に、もしどうしてもエクササイズ要素を加えるなら、踊りながら歌いながら無駄な動きをつけながら筋トレしながらやるしかないでしょう。

ちなみに以前住んでいた借家は、庭の植物の水やりの際に隙あらば蚊が寄ってくるので巷から見たら妙な動きをしながら水やりしていたのですが、エクササイズ的にはまちがっていなかったんだと思います。知らんけど。

 

 

画像2

f:id:lifestylerepair:20171026133123j:plain

 

画像2の3メッツ以上ということは「一応これだけの時間、体を動かしていればそれはもはや運動といえるんじゃないかしら」とのことです。

先ほどの画像1の家事労働と比べると、「掃除系・片付け系・外回り系は結構エクササイズとしても通用するぜ」ってことになります。ただし、一定の時間やればの話。

 

私は最低でも2時間以上は継続して作業をするので、これだけでもかなりの運動量なのだなぁと思います。

 

先日草取りした草の山をゴミ袋につめる(干し草をまとめる)作業を2時間ぶっ続けでやったのですが、プールで2時間泳ぎっぱなしの運動量だと思ったらすごいですね。実際プールで2時間も泳いでたらまちがいなく水の底に沈んでいると思います。泳げないから。

 

この間も、老体に鞭打って区P連主催のウォーキング教室に参加したのですが、普段運動らしい運動をしていない割には人並み以上に動けたので、体を張って肉体労働している日々の積み重ねが大きいのだと実感しました。

 

 

画像3

f:id:lifestylerepair:20171026133128j:plain

 

画像3は運動系の一覧です。

画像2の生活活動と比べてみると、私が普段仕事でやっている掃除や片付け、草むしりをスポーツ感覚でやっていたのは正しいという裏付けですね。やったぁ。

 

なんてお得な仕事なのかしら。

徳を積みながら運動にもなっているって素晴らしい!

っていうのが仕事のモチベーションです。

 

さらに、「しゃべりながら」とか「歌いながら」やるともっと運動効率が上がります。さすがに仕事では歌いながらはできませんが、家ではワイワイ喋りながら、ノリノリで歌いながら楽しくやるのが一番です。

 

そういえばこの一覧表を見ていたらカラオケの最後の画面に出てくる消費カロリーを思い出しました。

 

カラオケはどの程度のエクササイズなんでしょうね。個人的に気になります。

無性にカラオケに行きたくなってきましたのでこの辺で。