ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

憧れのギブスと逆境の乗り越え方。

とーれとれぴーちぴっちカニ料理〜

f:id:lifestylerepair:20180113094728j:plain

 

職業病でしょうか。

去年のクリスマスから謎の手首痛に悩まされ、だましだまし日常生活を送っていたのですが、年末年始で仕事を休んでいる間になんとかなるなるとタカをくくっていてもやっぱり痛くて、もう気のせいとか根性とかいう気持ちの問題ではないだろうという判断で、とうとう整形外科の門をくぐりました。

 

医「もう右手使用禁止ね!」

私「デモデモダッテ」

私「利き手ガー」

私「仕事ガー」

私「家事ガー」

私「家族ガー」

私「教育費ガー」

私「責任ガー」

医「とにかく右手を使っちゃいかん!(ピシャリ)」

 

私「(チキショー)じゃあ今日から左利きにします(宣言)。」

 

煽られると頑張っちゃう子なんで、調子に乗って謎の宣誓を高らかにしてみたものの、なかなか習慣は変えられないものです。

気づくと右手を使ってしまっている。。。

しかもある方向に曲げたり捻るときだけが痛いので、ついつい痛みを忘れて手を出しがち。

 

例えば、

洗い物でお皿やコップをこねくり回す時

掃除機の吸い口を持ち上げて細かいところの掃除をする時

こすり洗い

床拭き窓拭き

箱詰め作業

こんな動作に支障が出やすいのです。

 

家事代行業者なら廃業レベル。

 

まあ1年間で普通の人の3年分くらいの掃除・片付けはしているし、年末大掃除シーズンに限ってはそのうちの2年分くらいがギュッと凝縮されるような負荷がかかるので致し方ない。

休めば治るなんて百も承知。そうはいってもすでに仕事の予定はあるし、日々の暮らしはつづくし、右手を使うな!なんて土台無理な話よ。

 

もうとにかく現状を打破するには左利きを練習するしかないのです。

 

みなさん利き手じゃない方で歯磨きできますか?

私は電動歯ブラシでしたが、磨きにくかったです。

改めて今までの右手に感謝しつつ、急に主役を言い渡されて戸惑っている左手のモチベーションを上げながら、意識してバランスを整えるようにしています。(また新たな器用貧乏能力が開花するかも?)

 

一応テーピングもご指導いただいて、止むを得ず(というか無意識に)右手を使うこともありますが、無駄な動作や刺激をなくすためにも右手をがっつり固定しちゃえば嫌でも使えなくなるので、

 

「もうこの際、固定具作っちゃってクダサイ!」

 

ということで着脱可能な手首固定ギブスを作っていただきました。

都合のいい時だけ固定具をつけて重症感をアピールし、邪魔くさい時だけ外すというチートをついに手に入れたのです。

 

ああ、憧れのギブス。

みんなの注目と優しさと羨望を集めるアイテム。

 

今まで骨折らしい骨折をしたことがないので、人生初ギブスなんじゃないでしょうか。

 

※だから「もぉど〜しよ〜」といいながらルンルンでこの記事を書いているのです。

 

とはいってもお客様は待っているので、仕事の際はギブスをつけずテーピングで負荷がかからないよう気をつけながら作業しています。

 

そしてもちろん頭の中には中島みゆきの地上の星が脳内再生されていて「逆境に負けない自分」の姿に陶酔しながらこう呟くのです。

 

「フッ、面白くなってきだぜ。これが伝説の始まりさ。」

 

これが、のちの「埼玉政財界人チャリティ歌謡祭出場財界マダム」である。