ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

クリーンセンター大崎リターンズ。

私が関わるお客様は、たいていの方が片付けが苦手だったりストレスだったりする方が多いので、私が嬉々として片付け作業をしていると不思議に思われるようです。

 

客「そんなに片付けって楽しいですか?」

 

私「ハイ、めっちゃ楽しいです。」

 

ごちゃごちゃしていたところに手を突っ込んで引っ張り出すのも、それをあれこれ分類するのも、ゴミを捨てるのも、元の位置に整えて納めるのも、私にとっては全てがドーパミン出まくりの楽しい作業なのです。

 

すでに「片付け変態」の領域に達しているのかもしれないな。

 

「捨て変態」のゆるりまいさん原作のドラマ感想はこちら↓

www.uniqueliving.xyz

 

そんな片付け変態の私ですが、家に帰るまでが遠足、バックの中身を出して片付けるまでが旅行、そして「まとめたゴミを捨てるまでが片付け」と思っているので、いつも作業後のゴミの行方が気になっていました。

 

すぐに捨てられる共同ゴミ置場があったり、ゴミ収集日が近ければ一安心なのですが、作業によってあまりにも大量にゴミが出たり、さいたま市外では不燃物の収集が月一回しかない地域もよくあるので、「このゴミたちはちゃんと排出されるのだろうか?」とそわそわしてしまいます。

片付けが億劫な人は、もれなくゴミを捨てるのも億劫なのです。

そして、全てが億劫な人のお宅はもれなくゴミ集積所が家から遠かったり、すぐに捨てられる日がなく、うっかり忘れてしまったりします。

ゴミを捨てるハードルが高いんですね。だからいつまでたってもゴミを捨てない。

(さいたま市は毎週不燃物の収集があるので恵まれているんですよ。)

 

ゴミはいくらまとめても家の敷地内にある時点でスペースを占有している状態なので、このたまった宿便を早く出したい!そんなふうに気が急かされるのです。

 

便秘の人がようやく便意をもよおしたのに、トイレが近くになくて我慢している・・・そんな気分だと言ったらご理解いただけるでしょうか。

 

そんなわけで、先日作業に伺ったお宅で、いてもたってもいられず、大量のゴミを何とかすべく、

「ええい、ままよ。こうなったらクリーンセンター大崎まで行きましょう!」

ということで、今まで収集所が遠くて億劫で捨てられずに困っていたゴミもまとめてもれなくお客様の車に積み込み、私ももれなく一緒に乗り込んでクリーンセンター大崎までもれなく直接搬入してきました。

 

f:id:lifestylerepair:20180226205047j:plain

ゴミを眼の前で処分してくれるなんて。

好きだー大好きだー!クリーンセンター大崎。

 

もちろんこれは片付け変態の単なる趣味的な範疇であります。

お時間とお車をお持ちであれば、作業後にゴミ処理場に搬入するのはサービスでやらせていただきますっ!というより、やらせてくれっ!捨てさせてくれっっ!そして一緒に直接ゴミを葬り、その光景を目に焼き付けてほしい・・・おせっかいBBAの私がとことんお付き合いいたします。

 

か弱くて一人じゃ捨てられない。。。

シャイなのでクリーンセンターに行くのが恥ずかしい。。。

せっかちで今すぐとっとと処分したい。。。

人に見られては困るものがあるので、直接搬入したい。。。

 

そんな方はもれなく私がお手伝いいたします。

お気軽にご相談ください。

 

www.uniqueliving.xyz