ユニークな暮らし

みんな違ってみんないい!整理収納のその先に見えたユニークな暮らしとは。

マイナスを0(ゼロ)にしてリセットする

f:id:lifestylerepair:20180525114311j:plain

私が得意としている片付けやお掃除の仕事は

マイナスを0(ゼロ)ベースにすることだと日々感じています。

 

散らかった机の上では勉強もはかどりませんし、キッチンが片付いていなかったら料理をする気にもならない…

 

そんなマイナスの状態を元どおりに片付けることで0(ゼロ)ベースになります。

つまりリセット状態ですね。

片付けや掃除はあくまでも0(ゼロ)にする作業なのです。

 

ところが、整理収納アドバイザーとして現場で肌身で感じることは、それ以上の効果をこちらに向けて期待する人が多いということです。

 

片付けは魔法で一気に!というわけにはいかないので、地道に一つ一つ目の前にあるものを片付けていきます。

 

ご依頼者の家と所有物を見れば大体の性格も分かってきます。

 

しかしたまに憧れや理想が高すぎてご自身の能力を超えた状態をこちらに求めてくる場合があります。

こうしたいああしたいという思いはよくわかります。

 

だからこそ、この仕事は、部屋の状態をリセットして新たな生活を始めるチャンスを作り出しているのです。

 

0(ゼロ)を維持していくのも、1にするのも3にするのも10にするのも、そしてまたマイナスに戻るのも、それはあくまで本人次第なのです。

机の上をキレイに片付けたところで、勉強するかしないかは自分次第だし、片付けたキッチンで料理するのもしないのも自分次第ということ。

 

片付けることで勝手に人生が開けてくると期待している人が多いのですが、そうではありません。

たとえ生活が劇的に変わったとしても、本来の性格や習性はそうそう変わらないからです。

 

何もかも最初からすべてうまくいくわけでもなく、失敗はつきものです。

まずやってみて小さな成功や失敗を繰り返しながら少しづつ修正していくのが人生です。

なので、またマイナス状態に戻ってしまうようであれば、その都度リセットしていきます。

自分でマイナスを0(ゼロ)に持っていくことが難しいのであればお手伝いします。

自分でも努力していきたいけどうまくいかないのであれば、どこが原因かをあぶりだし、続けるコツを教えます。

 

そこから先はあなた次第であるということをどうぞお忘れなく。

 

 

******ここから先は余談******

 

私はマイナスを0(ゼロ)に戻す仕事をしていますが、運命数的には「1」という数字がつきまとうようです。

1から積み上げていくとか、パイオニアとか、新たなものを作り出すとか…

 

あーーーもーーーまたか。

 

いつも1からすべて作らねばならんのかい。

誰かが苦労して切り開いてくれた道を、後から涼しい顔でスイスイと通ることを許されません。そんなことしていたら「サボっているのか?」と言われるタイプでした。

 

「リセットもしてさらにそこから1をひねり出せ」なんて、高度な要求をいつも求められている気がします。

背負っているものからはなかなか逃れることはできないのですね。